読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Rubyのシェバン

Twitterを見てたらmikutterのshebangの話が流れてきて,

/usr/bin/rubyRuby がインストールされてない場合にも実行できるシェバンの話の奥が深かった。(今時, Rubyが/usr/bin/rubyじゃなくてホームディレクトリ以下に入ってる人も多そう)

#!/bin/sh
exec ruby -x "$0" "$@"
#!ruby
p ARGV
puts "Hello, World!"

実行するとまずシェルで実行されるじゃろ?

シェルで exec ruby -x "$0" "$@" が呼ばれるじゃろ?

自身の #!ruby 以降の行がRubyインタプリタで実行されるじゃろ??

実行が終わったあとに次の行からのシェルスクリプトとしての実行はどうなるんじゃ??← exec コマンドはそのコマンドが実行した時点で終了するんでした

にわか知識じゃダメですね. はやく情報学群になりたい。

重要なのは, 3行目の #!rubyshebangとしては機能してなさそうだということです。

追記

タイトルを内容に即して 「シェバンがよくわからん」 から 「Rubyのシェバン」 に変えた。

./hoge.rb で実行できることは理解できたが, ruby hoge.rb でも実行できるんか疑問になった。

Rubyリファレンスマニュアル の記述は -x オプションによって#!rubyの行まで読み飛ばされているように読み取れる。

しかし実際はそうではなく, 先頭行にRuby以外のシェバンがあると, 常に #!ruby の行まで読み飛ばされるらしい (じゃあ -x って何やねん……)。一件落着。

これを利用するとRubyスクリプトなのにシェバンが異なることで実行できないファイルもつくることができ,

#!/bin/sh
puts :hoge
puts :hage
puts :boke

を実行すると ruby: no Ruby script found in input (LoadError) と言われる。

昨夜はすっとぼけたことを言ってて,

早とちりは良くない。